2018びわ湖大花火大会レポ【2018年8月7日を振り返ります】

2018びわ湖大花火大会 滋賀観光

滋賀県と琵琶湖が好きで、移住を考えているんですが、そのきっかけになったのが2018年8月に行ったびわ湖大花火大会。

1年以上たっているんですが、写真と当時のメモなどで振り返りたい思います!

2018びわ湖大花火大会の概要

まずは2018びわ湖大花火大会の概要からまとめておきます。

開催日時

2018年8月7日(火) 19:30〜20:30

荒天の場合は8/10(金)に延期とありましたが、無事7日に実施されました。

打ち上げ予定発数

約10,000発

大きい花火大会は久しぶりでしたが、なかなかの迫力でした。

まわりに遮るものがあまりないので、きれいな花火が観られます。

花火の種類

スターマイン、3~10号玉

テーマ

「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」

打上げ場所は琵琶湖の南側

打上げ場所は「大津市浜大津 滋賀県営大津港沖水面一帯」

JRの最寄り駅でいうと大津駅や膳所駅です。

琵琶湖の南なので大阪や京都方面からも行きやすいですね。

詳しいアクセスの情報は以下をご確認ください。

▼ロケーションと最寄り駅からのアクセス
【大津港周辺のびわ湖畔、なぎさ公園などから観るには】
JR琵琶湖線大津駅または膳所駅から徒歩約15分
京阪電車びわ湖浜大津駅から徒歩約5分

【皇子山陸上競技場などから観るには】
JR湖西線大津京駅から徒歩約10分

会場までの流れ

花火当日に書いていたメモを頼りに書いておきますね。

実際に見てきたのはピアザ淡海の近く

実際に歩いたルートはこのような感じです。

人混みは暑いですが、人混みから離れると風が吹き涼しかったですよ。

▼大津駅はなかなか出られないぐらいの混雑。花火が始まる約2時間前、17:40ぐらいに到着しました。

2018びわ湖大花火大会

▼駅の北側にあるセブン-イレブン JR大津駅前店を通ります。

2018びわ湖大花火大会

▼商店街を抜け、ローソン 大津中央二丁目店へ。

2018びわ湖大花火大会

▼琵琶湖ホテルからさらに湖岸へ進み、湖岸沿いに歩きます。

2018びわ湖大花火大会

▼びわ湖ホールもこのように人が集まっています。

2018びわ湖大花火大会

▼アヤハディオ 大津店近くの橋で進めなくなったため、引き返しました。

2018びわ湖大花火大会

そして実際に私が見てきたのは「ピアザ淡海(おうみ)」というホテルなどが入った施設の近くです。

花火が直前まであがるまでこの施設のすぐ外で休憩して、本格的に始まったら道路まで出るという感じで花火を楽しみました。

▼最初の15分ぐらいは試しの打ち上げなのか、単発で上がるものが多い感じです。

2018びわ湖大花火大会

▼花火が本格的に始めると道路に出て迫力の花火を楽しみました。

2018びわ湖大花火大会

かわいいキャラクターの花火(カエル、ミッキー、ドラえもん、魚、にこにこの顔文字、土星、地球、ハート)もあって、かなり癒やされました。

他の花火大会よりかわいさを感じられるのが特徴だなと感じました。

有料席もある

混雑を避けたいのであれば有料席もあります。

2018年はこのような感じでしたよ。

普通席:1席 前売券3,900円・当日券4,400円
* プレミア席:1席 6,000円(楽天チケットセンターの前売り販売のみ)
* カップル席:1スペース(2席1組) 15,000円(楽天チケットセンターの前売り販売のみ)
* 桟敷席:ペア席1升 15,000円・6名席1升 30,000円(楽天チケットセンターの前売り販売のみ)
* カメラ席:1枠 8,000円(楽天チケットセンターの前売り販売のみ)
* 自由席(立見):一人 前売券2,000円(楽天チケットセンターのみ取扱い)・当日券2,500円

帰りの混雑はやっぱりすごい

帰りの混雑はやっぱりすごかったです。

▼JR大津駅はこのような様子でした。

2018びわ湖大花火大会

大津駅前で完全にストップ。

左側の列が大阪方面、右側の列が草津、米原方面とアナウンスがありましたが、最終的には改札を過ぎてからどちらも合流できました。

当時のメモにこんなこと書いてます

当時のメモにこんなこと書いてました。

花火大会はすごい久しぶりだったから、なんで今まで来なかったんだろうというちょっとした後悔の気持ち

これからもいろんな花火大会に行ってみたいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました